<< Raja Rams Pipedreams vol.2 | main | FICTURE / ROADS TO EVERYWHERE >>

sprng Earpods イヤーポッズ  ジョギング、ランニング イヤフォン イヤホン

人生最大級に太り始めた3年前、思い立って週一でジムに通うようになって1年で6kgくらいは体重を落としたのですが、
それからなかなか落ちない。なので去年さらに思い立ってプラス週一で走り始めたのでした。
その甲斐あってそれからさらに3kgの減量に成功。
もともと学生時分から走るのが好きだったのでそのまま習慣化して今では走らないと気が済まないほど。

走っているときはiPhoneアプリのNike+ Running
を利用して記録してます。
走った距離、時間、コースなども記録できるし、積算距離とかベストパフォーマンスを教えてくれるのでなかなか楽しい。

そしてもちろん音楽を聴いて走っています。
走ってる間は自分一人の時間。
結婚して子供ができると自分一人の時間は貴重で、だれにも邪魔されずに音楽が聴けるというのは自分にとってはとても大切な時間。

音楽は今ではiPhoneにAIFFでどんどん新曲を入れ込んでいってるので音質は申し分なし。
そこで重要になってくるのがイヤホンです。

日常の移動時間などに携帯音楽プレイヤーで音楽を聴くようになってからのこの数年間、数々のイヤホンを試してみました。
音質的にもいいものを探していたのですが、走ってると自分の耳の形が多分あんまりイヤホンと相性が良くなくて結構ポロポロ外れるんですね。

なのでまずは外れなさそうなカナルタイプを買ってみました。


カナルタイプは耳の穴にぐいっと突っ込むので確かに外れないし、音も良いのですが、自分的には装着感がピッタリしすぎて苦手な感じなのに加え、走ったりする時にコードが体に当たる時の振動音が耳の中に響く感じにどうにも馴染めずに使わなくなりました。

その次に買ったのがスポーツ用の耳にかけるイヤーハンガータイプ。



耳から外れないという目的は果たすものの、音質が良くない。イヤホン部分を耳に押さえ込むと低音はきちんと出てるのですが、走っていると全く低音が聴こえず、なんだかなぁと言う感じ。また自分の場合はメガネやサングラスをして走るので耳に二重にかける形になるので装着感もイマイチで、結局使わなくなってしまいました。

その後買ったiPhone5に付いてきた専用イヤホンEarpodsの音質はなかなか素晴らしく、ジムでのランニングマシンでは耳から外れる事も無く快適に使えて満足だったんですが、ランニングマシンと実際のランではやっぱり違うようで、ジョギングの時には自分の場合は左耳の方がすぐに外れてしまい、ランに集中できませんでした。
音質的には満足しているので何か対策をと考えて
PGA Apple EarPods専用 シリコン製イヤホンカバー なるものを購入してみました。



なるほどEarPods専用だけあってピッタリとEarPodsに装着できます。
しかしシリコンという材質のせいなのかわかりませんが、自分には全く合いませんでした。
全く耳に引っかからない。
EarPodsそのままの方がましなくらいでした。

よくあるウレタンタイプのイヤホンカバーも試してみるもやはり走ってるとすぐに外れてしまいます。



ここまで試してダメだともう自分にはイヤホンではなく、ヘッドホンにするしか無いのではと思い始めた時に発見したのがこれ。



EarPodsに装着して使うグッズでルックスも良さそうなのでヘッドホンを買う前に最後に試してみる事に。

パッケージはなかなかポップな感じで面白い。



一応LRがあるようでそれぞれ装着した感じがこれ。



まずはジムで試してみたのですが、筋トレマシンでもランニングマシンでも全くずれる事はありませんでした。
また、装着感もまずまず。要は装着した部分を耳に突っ張らせるような形にしてずれなくするのですが、設計が単純な分、出っ張る部分を細かく調整できるので左右別々にベストポジションを見つける事ができます。

その後、ジョギングでも試しましたが、完璧でした。走ってもずれる事は無く、初めてジョギングでイヤホン外れを気にする事無く走る事ができました。
そのお陰なのか、なんと1マイル10分を切るペースで走る事ができました。

音質的にも素のEarPodsとほぼ変わりません。
個人的には装着感もいいし、外れないという目的が達成できた上に音質もEarPodsそのままで大変満足してます。
かなりオススメできる商品ですね。
これでランに集中してさらなる減量に挑みたいと思います。


 

at 23:58, KAGIWO, iPhone関連

comments(0), trackbacks(0), - -

comment









trackback
url:http://ambientlife.jugem.jp/trackback/112