<< FICTURE / ROADS TO EVERYWHERE | main | アナと雪の女王 >>

付知峡倉屋温泉おんぽいの湯

嫁さんが景色のいいとこに行きたいとご所望されたので、ドライブがてら岐阜方面へ。
目的地は中山道の妻籠宿へ。
到着が夕方だったこともあり、季節が冬という事あってか、ほとんど観光客がおらず古い街並みを家族で散策。
流石に寒くなったのか、娘が温泉に行きたいというので、前々から嫁さんが気になってたという付知峡倉屋温泉おんぽいの湯へ向かうことに。
 

結構住宅が立ち並ぶ場所にどーんとある感じですが、建物の外観はセンスのいい感じ。
中に入ると比較的こじんまりとした広さだけれど、床暖房が入ってて暖かく、第一印象はGOOD。
 

そしていざ入浴ですが、浴室に入って思ったのは「静か!」。
これ本当に静かなんです。ジェット系の風呂が無いのもあるんだろうけど、それにしても静か。
換気扇の音とかも聞こえてこない。
だからか凄く神秘的な感じ。
これ、最近の温泉では感じたことが無い静けさ。
温泉に癒しを求めている自分にはかなりのプラスポイントです。
 

露天風呂も広くはないですが、いい感じの浴槽が3つ。
恵那山や夕森山が見えて景色もいい感じ。
 

なんかもういい感じばかりですが、かなりいい感じなのです。
 

露天風呂にでっかいテレビがあって出演者とかのバカ笑いが響いている温泉とは正反対。
 

まさに癒しの温泉です。
 

お湯は下呂に近いけど泉質はちょっと違う感じですが、源泉かけ流しで文句はありません。
 

食堂は地元のおばちゃんがやってる感じで、メニューは豊富ではないですが、
ビールのあてとかリクエストするとできる範囲で対応してくれたりと人情味あふれるすばらしい対応です。
 

総合的にここ最近ではひさびさのヒットの温泉です。
 

あの静けさを大事にして続いて欲しい素敵な温泉です。
 

http://www.kuraya-onsen.jp/

at 19:20, KAGIWO, 温泉

comments(0), trackbacks(0), - -

comment









trackback
url:http://ambientlife.jugem.jp/trackback/114