<< 付知峡倉屋温泉おんぽいの湯 | main | Safariでsoundcloudが聴けない >>

アナと雪の女王

大ヒットうんぬん言われ始める前に長女と2Dを観に行ったのですが、この「アナと雪の女王」が生まれて初めての映画だったこともあり、 大変感動したようでして、また連れてけとせがまれていたのですが、そうは言っても2回行くのはちょっと・・・と言う感じではぐらかしていたのですが GWになって3D吹替え版も始まったので再度連れて行くことに。

今回はGWも始まってさらにカード会員特典の日と言うこともあってか、109シネマズ名古屋はこれまでに見たことないくらいの人出!
チケット購入待ちの列はチケットカウンター前どころか、劇場フロアでも収まらず、1Fの階段下まで伸びていました。
当然場内はとんでもない人で埋め尽くされていました。
これは普通に窓口で買おうとしていったいどのくらい時間がかかるのでしょうか?
とか考えながら行列を横目にネットで予約した席を自動発券機でゲットし、シアターへ。
この時の上映回は満席でした。子どもだらけかな?と思ってたのですが、それほどでもなく、カップルと半々くらいでしょうか。

内容としては「アナと雪の女王」の本編の方の3Dは正直うーん・・・と言う感じでした。あんまり3Dの意味がないような・・・。
それよりは本編前のミッキーマウスのショートムービーの方が3Dの意味があったような気がします。

子ども的には初の3D映画なので絵が飛び出すことに興奮しまくってたのでよかったかな。

映画の内容的には良くも悪くもディズニー映画です。
特筆するとすれば日本語吹き替え版ではオラフ役のピエール瀧の吹替えが素晴らしかったということでしょうか。

エルサが氷の城を作るとこの「レット・イット・ゴー」で子供たちの大合唱が起こるのではと構えていましたが、そんなことありませんでした。

きっとDVDも買うことになりそうです。

※追記 当然のごとくDVD買いました。家では連日、長女と次女が大声で何度も歌いまくりながら観ております。













at 15:17, KAGIWO, 映画

comments(0), trackbacks(0), - -

comment









trackback
url:http://ambientlife.jugem.jp/trackback/115