<< Mixcloudの使い方 アカウント登録 アップロード | main | カレー煮込うどん 鯱市(しゃちいち) >>

Shpongle LIVE IN CONCERT TOKYO

行ってきました、Shpongle LIVE IN CONCERT TOKYO。

2014年の年明け早々に 「トランス界のカリスマ Raja Ram と Simon Posford による伝説のサイケデリックバンド Shpongleが 総勢12名のバンドやパフォーマーを率いたフルメンバーで約10年振りのコンサートを東京にて開催決定。」 の発表があり、これを逃したら2度と観れないかもしれないという事で早々にチケットを確保。

その後、追加公演の発表があり2日間の公演となりましたが、 当日会場に入ってみてまず感じたのが、「初日で正解だった」という事。
なぜなら会場の雰囲気がとても良かった。

当初は1日だけの公演でのアナウンスだったので、初日に来ている人たちは 本当にShpongleが大好きな人たちが集まっているという事なので当然ですね。

早割チケットのおかげでさっさと会場入りできたのでまだほとんど人がいないフロアを 前の方に行ってステージ前で例のお面?仮面?の写真撮ってみたりしながら、 どのポジションでLIVEを堪能しようかウロウロしながらどんどん人が入ってくるのを見てたんだけど、 みんなが本当にこの日を待ちわびていた感じがひしひしと伝わってきて、 始まる前から会場のバイブレーションは相当素晴らしいことになってた。



結局、音を重視してPA卓前の最後列で開演を迎えたんだけど、なんだか非常に懐かしい気持ちでした。
まだ名古屋でゴアトランスのパーティーが無かったころはよく東京や横浜に遊びに行ってたんだけど、 その頃のドキドキ感と言うのか、このシーンがかつて持っていた「祝祭感」というのか、 何かそういうものがそこにあって、「あ〜、これ!この感じ!」っていうのが懐かしく感じたんでしょうね。

音的には「バンドのLIVE」と言う感じの音作りでした。
なのでCDで聴けるようなガツッとくるキックの音とかは4つ打ちの部分くらいでしたが、 逆に4つ打ちが映える形となり、その時はみんな待ってましたとばかりに踊ってましたねー。

最後列は左右にあるドリンクBARに行く人たちが目の前をひっきりなしに通り過ぎていくので 流石にLIVE中盤で人疲れしてきて、空いてそうな場所を探して移動。
上手側後方が空いてて気兼ねなく踊れる感じだったので、しばらくそこで休憩がてら観てたのですが、 LIVEが終盤に差し掛かってきたので最前列目指して前の方に行くことに。

さすがに最前列は無理でしたが、上手の女性ボーカル2人のすぐ前あたりまで行くことができました。
その場所で「Divine Moments Of Truth」を聴くことができたので大満足で後ろまで戻り、 アンコールは最終の新幹線に備えて出入り口付近で、とってもかっこいいダンスをするお兄さんの後ろで迎えました。
最後は本当に出演者も会場もみんなハッピー!な雰囲気でほんと素晴らしかった!

そして何よりも子供ができてから初の子供を実家に預けて夫婦でパーティーに行くという機会ができて、嫁も大満足してくれたのが良かったな。
Shpongle、Solsticeに感謝!

終演後はささっと品川駅に向かい、最終の新幹線で無事名古屋に戻ることができました。
この会場立地も踏まえて素晴らしいパーティーでした。
 















 

at 19:49, KAGIWO, ディスク レビュー

comments(0), trackbacks(0), - -

comment









trackback
url:http://ambientlife.jugem.jp/trackback/119