<< Shpongle LIVE IN CONCERT TOKYO | main | GODZILLA ゴジラ >>

カレー煮込うどん 鯱市(しゃちいち)

回りの人たちから「美味しいよ」と聞いてはいたのですが、なかなか行く機会の無かった鯱市。

先日そんなにカレーが好きではない(カレーうどんについてはこれまでの人生で自分で注文したことがない)嫁さんがたまたま行って、あまりのうまさに驚愕し、一人でもまた行きたいとさえ言わしめた事が衝撃でしたので、これはやはり行かねばならないと思い立ち、行ってきました。

店構えはうっかり店の前を通り過ぎるくらい大須の雰囲気になじみまくってます。オーナーの趣味なのか入口の扉の取っ手が自転車のハンドルだったりして楽しげな感じです。
店内も自転車のパーツの写真などが飾ってありますが、清潔感がある感じで、女性が一人で来ても問題無い雰囲気です。
実際、僕が食べてる時も女性が一人で来店してました。

カウンターに案内されるとお通し変わりのポテトチップスが出されます。
メニューを眺めつつ、今回は「チキンカレー煮込うどん」を注文。トッピングで生卵を付けました。

ポテトチップスをかじりつつ待っていると、「チキンカレー煮込うどん」登場!


写真だと、味噌煮込みかカレー煮込みか非常に判別しづらいとおもいますが、間違いなく「チキンカレー煮込うどん」です。

本家の「山本屋本店」と同じく、土鍋の蓋を器代わりにしていただきます。

まずはスープを一口。

「う!ウマイ!」

孤独のグルメだったら確実にあのアコギのメロディーが聴こえてくるシーンですな。
濃厚なカレーのパンチとカツオだしのやさしさが見事なバランスで調和しています。
何となく頭の中で「カレーは飲み物」のフレーズが湧いてきました。
実際、これは永遠に飲めるかもしれない。そのくらい美味しかった。

麺も本家の「山本屋本店」と同じ硬めの麺で間違いありません。
途中、ランチで無料で付いてきたごはんを器に入れてからカレーをかけて食べてみましたが、これまたうまい!
「うんまいなぁー。」と心の中で叫びました。

最後に好い加減に固まってきた卵を崩して麺と絡めて食べ、残ったのはまたご飯にかけて食べました。
まさに至福のひと時・・・・。

これは嫁がはまるのも納得です。
ぜひまた近々行きたいと思います。

今回1Fで食しましたが、カウンターメインなので小さな子供連れには少し来づらいかなと思いました。
「山本屋本店」のような座敷があるような店舗ができるといいのにな。

※2014/8/12追記
1週間前に食べたばかりだが、もう一度食べたい衝動に駆られ、再訪。
この日も「チキンカレー煮込うどん」を注文するが、鶏肉が切れたという理由で注文できなかったので普通の「カレー煮込うどん」を注文。この日は辛さを2辛にしてみた。
やはり間違いなくうまい。これはもう名古屋のカレーうどんの革命だと確信。
これは最新の名古屋めしとして胸を張って紹介できるレベル。
何度も名古屋を訪れているアーティスト、ミュージシャンにぜひとも紹介するべき。

※2014/8/28追記
今月3回目。この日は「チキンカレー煮込うどん」2辛、生卵トッピング。
美味い。美味いよ!食べるごとに幸せ。
基本「卵」は好きなんだけど、この「カレー煮込うどん」には邪魔な存在かもしれないと思った。
もちろん美味しいんだけど、せっかくのカレーのとがっている部分が卵で丸くなってしまうというか・・・。
美味しいんだけどね。「カレー煮込うどん」を食べた達成感みたいなものは生卵無い方があるかも。

しかしここ最近でここまで食べ物で感動したものはあまり思いつかない。
特にお店では20年前に初めて八龍の味噌ラーメンを食べた時以来の衝撃かもしれない。
なんかもう「カレー煮込うどん」を考えた人に感謝。考えてくれてありがとう。食べさせてくれてありがとう。また行きます。


カレー煮込うどん
鯱市(しゃちいち)

名古屋市中区大須3丁目30-4
 052-262-2531
営業時間/11:00〜20:00
ランチ/11:00〜15:00
完全禁煙
http://www.syachi-ichi.com/



at 14:34, KAGIWO, グルメ

comments(0), trackbacks(0), - -

comment









trackback
url:http://ambientlife.jugem.jp/trackback/120