<< KORG iPolysix | main | Reeloa / Light Emits Time >>

ホビット 決戦のゆくえ

年末公開というあんまりうれしくない時期でしたが、やっぱりどうしても劇場で見たいので
ほぼ無理矢理と言っていいくらいな感じで行ってきました。

今回もHFR版IMAX 3Dでの鑑賞。
確かにリアルというか、キレイなんだけど、前作の「竜に奪われた王国」の湖の町・エスガロスでの戦いの時の
ライティングがすごい違和感覚えたんですよ。
その感じが引き続き今作でもあって、なんというかスタジオ撮りの光の具合と背景がイマイチ合ってないように感じてしまうのです。
HFRだからかもしれないけど、なんかこうスタジオ感が見えすぎちゃうんですよね。
日本の時代劇をデジタルハイビジョンで見る違和感に近い気がします。
映像の世界観がギクシャクしちゃってるように感じちゃうんですねー。
慣れなのかもしれないですけど、ハイビットレートが必ずしもいいというわけではないと事を感じています。

そんなことがやけに気になっちゃって本編にあんまり集中できなかったような・・・。

前作「ホビット 竜に奪われた王国」の時の踊る仔馬亭の中にいるような疑似体験とかエレボールのスマウグのシーンとかの感動が今作はあんまなかったなぁ。
すごいんだけど、ロード・オブ・ザ・リングからずーっと見てきて慣れちゃってるのかなんなのか。
時間も2時間半ぐらいだったし、ちょっとあっけなかったかな。

最後にホビット庄に帰ってきてうっとりしてるとビルボの111歳の誕生日になるところで終わるんだけど、そう来るとロード・オブ・ザ・リング3部作が見たくなるよなー。でも都合10時間とかかかるんだよなー・・・・。


ホビット 決戦のゆくえ (字幕版)



at 16:52, KAGIWO, 映画

comments(0), trackbacks(0), - -

comment









trackback
url:http://ambientlife.jugem.jp/trackback/130