<< OTT / 1st「Blumenkraft」 2nd「Skylon」 | main | ロバート・モーグ氏の生誕78年 >>

イラストレーターCS5.5 ピクセルグリッドに整合

CS6のリリースがアナウンスされましたが、これはもうCS5.5のバグは直しませんってことなんでしょうねぇ。

このブログ内でも文句が多いCS5.5ですが、
ヘビーなイラレユーザーの方がボロクソに言ってるイラストレーターCS5。
何でも大した新機能も無いくせにバグばっか増えてるからなんだそうです。

僕も長くイラレ使ってますが、CS5になって凄く使える機能が「ピクセルグリッドに整合」。

これはイラレデータをJPGにした時に、画像の際がぼやけてしまうのを修正してくれるものです。

これまでせっかくイラレでWEB用のボタンとかの画像をきれいに作っても、JPGにしたときぼやけてしまって、フォトショでまた再加工しなければならなかったりして、
「21世紀にもなってけしからん!」と毎回憤慨してたのが、解消されました。



これを「変形パネル」に追加された「ピクセルグリッドに整合」オプションにチェックを入れると、ピクセルグリッドに沿ってオブジェクトが再配置され、不要なピクセルがなくなります。


 これでWEBパーツを作るのがずいぶんラクになりました。
逆にCSになってからここまでこの機能が無かったのが信じられませんね。

at 15:44, KAGIWO, adobe CS5.5

comments(0), trackbacks(0), - -

comment









trackback
url:http://ambientlife.jugem.jp/trackback/34