<< The Orb featuring Lee Scratch Perry present “The Orbserver In The Star House” | main | Cubase 書き出し オーディオインターフェイス 音質 >>

MacBook pro Retinaでの楽曲制作その後

一応、楽曲制作用という建前で購入したMacbook pro Retinaですが、ablton Live8もインストールして、ちょっとずつ触ってはいるのですが、やっぱり長年使ってきたCubaseとは勝手が違うので、結局学習しなければならないんですね。

ablton Live8は「わかりやすい」だの「直観的」だの言われてますが、やっぱり覚えなきゃならない。

先日Landscape Music vol.3の入稿も終え、ちょっと一休みした後、OP-1のアップデートがあったこともあり、アップデート後のOP-1で遊んでたら、曲の種になりそうなものができたので、このまま曲作りに突入しようと思ったのですが、やはりね、サッとできないんですよ、ablton Liveだと。

僕の場合、曲のスケッチはハードシンセ触ってる時に浮かんだフレーズや音色からスタートすることが多い。
なので大至急DAWに録音してフレーズとかを小節単位で波形編集して、それをババーっと並べて、ループしながら曲の展開も考えて一気に骨組みまで作るパターンが一番慣れてるんです。

なのでこの最初のインスピレーションをいかに曲のスケッチとして素早く記録できるかが結構重要です。

ソフトシンセならばMIDIノートを記録しておけばいいんだろうけど、あんまりソフトシンセ好きじゃないんですよね。
いや、もちろん使いますよ。でもやっぱりハードのシンセが好きなんだよー。
それに曲の種とかフックになるようなものってやっぱりハードシンセを触ってる時がほとんど。

まぁ、そんな感じなので、ablton Liveは現状では楽曲制作に使えないという判断に。

ではどうするか。

せっかく買ったMacbook pro Retina。
現在僕の手持ちのコンピューターの中では最高スペックです。
それをいつまでもネット閲覧だけに使用していてはいけない!

ならば!

使い慣れたCubaseを使うしかない!



・・・・ちょっと話はそれますが、現状僕はwindowsでCubase5を使っています。
Padshopも使いたいのでCubase6.5へのバージョンアップも視野に入れてたのですが対応OSがwindows7なんですよね。

仕事用のwindowsマシンを今年新調したので、それまで使ってたwindowsマシンが余ってる状況でして、それも一昨年買ったばっかでCPUもCore 2 Quadでメモリも4G積んであるんですよ。

で、Cubese6.5はXPでも動くらしいけど、先に書いた余ってる僕のXP、32bitなんすよ。
どうせCubese6.5にするなら64bit使いたいじゃないですか。
XPの64bit買うなら、windows7買っても一緒かなー。とかボンヤリ考えてたんだけど、 Landscape Music vol.3の制作を終えるまでは現状のCPUがPentium 4のメモリ1Gという環境のXPでやってきてたんです。

でもLandscape Music vol.3の制作も終わったし、ここらでもういい加減変えなきゃなーってビール飲みながら考えてたんですけど、ココに来てようやく事態が動き始めました。


実は昨日まで、MBP用にCubase買うつもりだったんですよ。windowsはCubase5のままでしばらく使うかとか思いながら。
でもね、ネットで調べてたら、1つのライセンスでwindows、mac問わず3台までインストールできるって言うじゃない!?


もう目から鱗がドバドバ落ちまくり。


Adobe製品だと、明確にwindowsとmacで分けられてるじゃないですか。
それもあって、そんな両方にインストールできるなんて思ってなかった。今日まで。

ぼくはCubase VST5からSX3、Cubase5とずーっとwindowsだったんですよ。
だからMAC環境のことなんかぜーんぜん考えてなかったし、Cubaseのパッケージも見てなかった。

だから速攻でCubase5のパッケージ開けてみました。

・・・・・うーん、MACへのインストールができるDVDも入ってます。

それでも心配なので今日、YAMAHAのCubaseのサポートに電話しましたよ。
Cubase持ってればwindows、mac問わず3台までインストールできるのは間違いないと。
僕がCubase6.5にアップグレードしてもそれは変わらないと。

すごい!スタインバーグ、LOVE!大好き!今日までCubaseを使っていて本当に良かったと心の底から思いました。


まぁそんなわけでCubase6.5は速攻で注文しました。

なのでMBPはこれで問題解決。
パッケージが届いたら速攻でインストールしてPADSHOPで遊んでやります。


で、windowsマシン。
どうせCubase6.5をインストールするならやっぱwindows7にした方がいいですかねぇ。
もう仕事上ではイライラさせられっぱなしのwindows7ですが、楽曲制作マシンは楽曲制作専用になるからいいのか・・・。
でもXP好きなので、ここでお別れってのもなんか寂しいじゃない?

こっちはもうちょっとダラダラ考えてみよう。



at 19:13, KAGIWO, DTM関連

comments(0), trackbacks(0), - -

comment









trackback
url:http://ambientlife.jugem.jp/trackback/53