<< windows7 2回目のOSクリーンインストール | main | 「ISAM LIVE」 DVD >>

MacBook Pro Retinaに「VMware Fusion 5」「Windows7」「adobe CS5 windows版」をインストール

楽曲制作においては完全にMac環境に移行しました。
ここについては全く問題ありません。

そしてお仕事では相変わらずWindows7を使ってます。
Windows7を使ってる理由の1つがadobe製品のライセンスです。
いわゆるwindows版な訳ですよ。
そのままではMac環境にインストールできない。

先日、出先で「やっぱ出先でも仕事できる環境を構築しないとなー。」と強く思う機会がありまして、 前々から先輩方から聞いて気になっていた「Boot Camp」とか「Fusion4」の導入を真剣に考えました。
(ここでいう「先輩」とはMac上級者を指す。(w )


まずはadobeに問い合わせ。

「windows版のCS5 Master CollectionはMacに入れたwindows OSの中でライセンス認証して正常に動くか?」
との問いに、「問題なく動く」という回答。よしよし。

ではwindows7をどうやって入れるか?
Fusion4を使ってる先輩にもう一度聞いて、そのアドバイスに従いFusion4を使用することに決めました。
そしてFusion4を調べると、 OS Mountain Lionに完全対応した「Fusion5」がリリースされてるではないですか!

ということで、早速「VMware Fusion 5」を購入。



Mac用にwindows7も新しく購入して、いざ、インストール!


って言っても「VMware Fusion 5」のパッケージに入ってたUSBのセットアップを起動して、 指示された手順でwindows7のプロダクトキーを入れて、 「Apple USB SuperDrive」にwindows7のインストールディスクを突っ込んでボーっと待つだけ。
取説にあったように約45分でインストール完了。


Macユーザーとなって日が浅い自分にとってMBP RetinaでWindows7が動いてるのは不思議な感じ。
windows7がMac Appのように扱えるので、windows7が完全に格下というかAppの1つのような気がしてきました。(w


勢いづいてそのまま「windows版のCS5 Master Collection」をインストールします。

ここでちょっとCS5のインストールディスクが読み込まれないという状態が発生しましたが、 再起動で問題なくインストールがスタート。

今のところはあくまでも「いざという時のために一応入れてみる」なので、イラレ、フォトショ、DWのみを指定してインストール。
こちらもライセンスキーを入れて約30分ボーっとしてるだけで完了。

簡単に動作確認しましたが、問題ないですね。

フォトショは64bit入れてみたけど、必要なさそうなので32bitを入れ直すつもり。

「VMware Fusion 5」のおかげでほとんどつまずかずにMac環境にwindows7を入れることができました。
これで4,900円は素晴らしい!



でも結果としてはMacでwindowsライセンスのadobe製品が動いてるんだから、音楽関連のソフトやアプリを見習って1ライセンスでwinでもMacでも動くようにすればいいのにと思いましたとさ。

at 17:46, KAGIWO, MacBook Pro Retina

comments(0), trackbacks(0), - -

comment









trackback
url:http://ambientlife.jugem.jp/trackback/59