<< マイティ・ソー | main | Traktor 2.0とTouch OSCを接続 >>

Mac Text To Speechでしゃべらせた内容をAIFFで保存

これまで作ってきた曲の中にはWEBサービスのText To Speechを利用して作曲したものもありますが、 せっかく楽曲制作環境がMacに移ったので、先人達がやってきたMacに内包されているText To Speechを利用して しゃべらせた内容を曲に使用してみようと思い立ち、現在制作中の新曲で実践しています。

今回はMacのText To Speechでしゃべらせた内容をAIFFで保存する方法の紹介です。

まずはLaunchpadを開いて「ターミナル」アプリを開きます。



そして以下のテキストをコピペしてenterを押してみてください。

say -v Zarvox "Hello. i am zavox"




ロボ声で"Hello. i am zavox"って言いましたよね?

Mac内にはいろんな声が最初から入ってます。
下記のコマンドでいろんな声でしゃべらせられます。

say -v しゃべらせる声の名前 "しゃべらせる内容"

例:Alexにしゃべらせたい場合
say -v Alex "Hello. i am Alex"

に、なります。

ここで注意するのは基本英語のしゃべり手は英語しかしゃべらないということ。

じゃあ日本語でしゃべらせたい時はというと、 日本語の場合は「Kyoko」さんしか対応していないので、 「システム環境設定」→「音声入力と読み上げ」で、必要に応じてダウンロードしておきます。









「Kyoko」さんに日本語をしゃべってもらう場合。
say -v Kyoko "こんにちは、わたしは きょうこです"

できましたか?


では、しゃべらせた内容をAIFFで保存する場合。
下記コマンドになります。

say -v しゃべらせる声の名前 -o 出力ファイル名.aif "しゃべらせる内容"

こんな感じになります。

例:Zarvoxの場合
say -v Zarvox -o Zarvox.aif "Hello"

例:Kyokoの場合
say -v Kyoko -o Kyoko.aif "こんにちは"

※注意
出力させる場合はしゃべらないので、まずしゃべらせて確認してから改めて出力しましょう。


出力されたファイルはFinder内のホームフォルダに保存されます。




Finderを開いて、メニューの「移動」→「ホーム」です。
ホームフォルダを開くショートカット: command + shift + H
も合わせて覚えておきましょう。

あとはお使いのDAWに読み込ませるもよし、TraktorのRemix deckのネタにするもよし。

at 14:40, KAGIWO, MacBook Pro Retina

comments(0), trackbacks(0), - -

comment









trackback
url:http://ambientlife.jugem.jp/trackback/84