マイティ・ソー

僕自身の映画との付き合い方は基本「娯楽の1つ」なので、単純に見てドキドキわくわくさせてくれれば内容とかキャストなんかはあんまり関係ありません。

そういう意味で基本的にはアクション系の話題作が中心になっていくので、
アイアンマン3を映画館で3D IMAXで観る派です。
メガネっ子なので2重にメガネをかけるのはちょっと苦痛ですが。

で、今回見たのがこれ。
 

iTunesレンタルで「アイアンマン」→iTunesレンタルで「アイアンマン2」→iTunesレンタルで「アベンジャーズ」と来たのですが、もともとそんなアメコミのこと知らないので、ハルクは何となく知ってるけど、「ソー」って何?っていう程度なので、ちょっとウィキってみてもよくわかりませんでした。

で、次に何となく映画が見たくなったら見てみようと思いつつ、ずーっとスルーしてきたのですが、ようやくここで鑑賞。

なるほど、ソーについては分かった。理解した。

そして改めてアベンジャーズの世界観ってすごいなと。なんかあんまりないよねこの世界観。


ここまで来るとアベンジャーズ関連をすべて観たい気もするが、あとは

とか


か・・・。

まぁ、気が向いたら見てみようかな。

at 19:33, KAGIWO, 映画

comments(0), trackbacks(0), - -

スモーキング・ハイ

ほっと一息なタイミングだったので、久々におバカ映画が見たいなーと思ってiTunesを検索してたところ、HITしたのがこれ。
 

アメイジングの前のスパイダーマンシリーズのでハリー・オズボーン/ニュー・ゴブリン役のジェームズ・フランコが売人役のコメディ?
(でもiTunesではアクション/アドベンチャーに分類されてる。)

どうやらこのジェームズ・フランコ、そっち方面では有名なようで、何かそういう賞も受賞してるらしい。

内容は・・・これは日本ではあんまり理解されないような内容です。
何か変にシュールというかリアルというか。(すぐ銃で撃たれるとことか。)
でもまぁ要所要所で笑わせてはくれます。

観終わって「わーはっは、いやー、笑った。面白かった!」って感じではないけど、
「何かおバカなコメディ映画が見たいなー。」って時にはおすすめです。

フロントガラスを蹴破ろうとして足が抜けなくなったシーンと
最後の最後、3人がレストランで食事してるシーンが最高に笑ったかも。
   
 

at 17:25, KAGIWO, 映画

comments(0), trackbacks(0), - -

ダークナイト ライジング



劇場公開中は忙しくて観に行けなかった「ダークナイト ライジング」をやっと鑑賞することができた。

夜、子供を寝かしつける時にそのまま一緒に寝ちゃって、ハッと起きたら朝5時30分。
しばらく布団の中でどうしようかなーと思ってたんだけど、2度寝できない感じだったので、じゃあってことで起きると同時にiTunesでレンタル、ダウンロード。
ダウンロード中の約20分くらいの間に朝食とかの準備して、6時には鑑賞スタート。
なんて素晴らしいんだ。

前作「ダークナイト」は少なくとも5回は見てると思う。それだけ素晴らしい映画だった。

本当は正月休みに観ようと思ってたんだけど、「アベンジャーズ」2回見ちゃって、時間が無くなっちゃったんだよなー。

さて、「ダークナイト ライジング」ですが、文句無く素晴らしい作品。
最後の街のシーンでは思わず涙がこぼれてしまいました。

また、観終わったのが朝の9時近かったので、映画の最後と朝日の清清しさが合わさって、超気持ちよかった。
なのでこの映画は早朝まだ暗いうちに観始めるのがオススメです。(w

でも映画を観て泣くと気持ち良いんだよねー。
音楽聴いて泣くのもかなり気持ち良いんだけどね。あ、音楽聴いて泣くって言っても「湿っぽいJ-POPの歌詞に〜」とかではないです。それは気持ちいいかどうかわかりません。想像すると気持ちいいというよりは悲しいだけのような気がします。
じゃあ、音楽聴いて泣いて気持ちいいってなんだって言うと、簡単に言うとテクノ系ダンスミュージックの野外フェスなんかで音に没入して踊ってて、ブレイクのメインリフがぐわあぁぁっと来た時の歓喜の涙ですね。あれはかなり気持ちいい。


そういや初めて泣いた映画は「フォレスト・ガンプ」。
これはここで書いてます。
で、初めて映画館で涙でぐしゃぐしゃになったのは「ダンサー・イン・ザ・ダーク」。
これストーリーとかで泣いたんじゃなくて、冒頭からずーっと音楽とかBGMが無くて、不幸で暗くてどん底な感じに居た堪れなくなってきた中盤に突然ミュージカル調の音楽が始まるんですよ。そこでのビョークの歌声が凄まじ過ぎてもうホントこっちも突然に理由も分からず涙ダダ漏れ。涙だけじゃなく鼻水もダダ漏れ。
ハンカチとか持ってなかったから、服の前面がびしょ濡れ。涙とか鼻水拭くから袖もびしょびしょで、恥ずかしかったから、エンドロール中の暗いうちに席を立ったのを覚えてる。

ああまた脱線した。

まぁでも
バットマン・ビギンズ


ダークナイト




と来て、ダークナイト ライジング観ない人いないでしょ。

この3作はホント何回も観たくなる作品。

まだの人はぜひバットマン・ビギンズから順番に見ましょう。
   





 

at 17:06, KAGIWO, 映画

comments(0), trackbacks(0), - -

アベンジャーズ

個人的2012年最大のイベントがなんとか無事に終わっての3連休。
前日となる金曜夜に何年かぶりの朝まで全力で遊ぶってやつで、 翌日からの連休初日から昼寝すぎて夜寝れないという状況が予想されたので 事前にiTunesで映画をダウンロードしておこうということに。

アベンジャーズ、ダークナイト ライジングがiTunesに登場してるのでどっちか観る事にする。
両方とも公開当時は仕事が忙しすぎて映画館に行けなかった・・・。

どっちにするかちょっと迷ったんだけど、 前日の疲れもあるし、あんまり考えて観なくてもよさそうな(w)アベンジャーズを選択。
 



ネットでは吹き替え版が酷評されてたけど、基本英語耳鍛錬のため、字幕派なので字幕版をダウンロード。
これまではiPadにダウンロードしてたんだけど、 MBP Retina来てからは、MBPにダウンロードしてます。

理由は、ダウンロードが早い。

4GBくらいのHDレンタルの場合、iPadだと40分とかかかってたと思うんだけど、 MBPだと10分。お手軽です。

さて、内容ですが、エンターテイメントとしては申し分ないですね。
ぼくはアイアンマン1と2以外観てないのですが、全然問題ないですね。

途中、トイレ休憩に立ったついでに『ハルク』『マイティ・ソー』『キャプテン・アメリカ』についてwikiったけど。
これやっぱ映画館で観ておけばよかったかなー。

ちなみに今回は1回目はMBPからテレビにHDMI接続して観て、2回目はMBP Retinaで観てみた。
細かさではMBP Retinaなんだろうけど、画面のでかさ、音の大きさで、やはりテレビ(音はアンプにつないで)のがいいかな。
旅先とかではMBP Retinaのがいいんだろうけど。
しかし便利な時代になったもんだ。
 



余談ですが、さすがに「ホビット 思いがけない冒険」は観ておかねばということで、クソ忙しい時期でしたが 無理矢理時間作ってIMAX HFR3D字幕観てきました。
こーれーは、マジで素晴らしい。絶対にIMAX HFR3Dで見ておくべき作品。
できればもう一度見に行きたい。



at 15:19, KAGIWO, 映画

comments(0), trackbacks(0), - -

ダークナイト / バットマン ビギンズ

 2012年7月28日公開予定の『ダークナイト ライジング』(The Dark Knight Rises)に合わせてか、ダークナイトがテレビでやってた。

もちろん映画は好きだが、映画マニアの方に比べれば、自分はおよそ一般レベルだと思うんだけど、
そんな自分が見終わったあと、連続してすぐにもう一度見たのは後にも先にも「ダークナイト」のみ。

これはバットマンとかのヒーローモノだからと言って敬遠すべき映画ではないことは、、もういろんなとこで語られているだろうから割愛します。
いずれにしろ絶対見るべきです。

 



で、先のテレビ放映も録画して結局2日連続で見ちゃいました。
そこで気が付いた。

「あれ?『ダークナイト ライジングはクリストファー・ノーランによる『バットマン』シリーズの3作目にして完結篇である。』とあったよな?俺、1作目見てないや。」

いやー、ほんと今さらなんですが、例によってiTunesで「バットマン ビギンズ」をさくっとレンタルです。

 



今さらながら「なぜバットマンとして〜」の部分が丸わかり。
ここからダークナイトに繋がっていくんですねー。

こりゃダークナイト ライジングの公開が楽しみですなー。









 

at 16:13, KAGIWO, 映画

comments(0), trackbacks(0), - -

フォレスト・ガンプ / 一期一会

みなさんは何度も何度も見てしまうお気に入りの映画はありますか?

僕の場合は、「フォレスト・ガンプ / 一期一会」です。

多分最初はテレビで見たと思います。
wikiってみると「1994年公開のアメリカ映画。 」とあります。
なので・・・ぼくは当時22歳か。大学生やってましたねー。
テレビで見たのでこの数年後だと思います。
そして多分初めて映画を見てほろりとしてしまった映画です。

そしてこれまできちんとカウントしてませんが、8回は最低でも見ていると思います。
繰り返しみるタイミングはだいたい決まっています。

それは、もの凄く疲れているときです。

何かいろんなものがぐわぁぁぁっと積み重なって肉体的にも精神的にもヘトヘトになってくると、観たくなるんですねー。

で、5月はそれはもう忙しくて、5月の最終週に入ったら、あーこりゃ、「フォレスト・ガンプ観なきゃなー。」という精神状態になってきたのがわかったので、itunesでダウンロードですよ。

僕は普段映画は必ず字幕版で観るのですが、この、「フォレスト・ガンプ」だけは吹き替え版で観ます。

この映画は基本、一人口調で進みます。で、初めて観たのがおそらく金曜ロードショーで、その後レンタルビデオで借りてみているので、吹き替えは「江原正士」さんのものしか見ていないと思いますが、この江原正士の吹き替えがほんとに素晴らしい。

英語の勉強をがんばってた時期に一度だけ字幕版を借りたのですが、これがもう僕には受け付けられなかった。もう世界が違う。

そんなこともあって、今回もやはり吹き替え版をダウンロードしました。

そしてヘットヘトになりながらも5月を乗り越えた6月の最初の土曜日に、観ました。
もちろん嫁と娘が寝てからです。

そして、もちろん号泣しましたね。

個人的にウルウルポイントは

1.反戦活動を行うジェニーに再会

2.クリスマスの日にダン中尉との再会

3.エビ漁始めてからダン中尉と再会

4.初めて息子と話すとこ

5.ジェニーの墓の前で「寂しいよ」って言う瞬間

です。

これ今書いてても、思い出してウルウルしてくる。(w

こうやって書いてみると、人との出会いと別れ、そしてそこに見られる「愛」ってな感じでしょうか。

もう何回も観てて、どうなるのかも分かってるのに毎回ウルウルするんですよねー。


で、何でこれ観るかっていうと、やっぱり泣いて、スッキリするんですよねー。
泣くのは最高のストレス発散法だって話もあるじゃないですか。

今回はこれでスッキリしましたが、きっとまた「何か」が溜まってくると、観てしまうんでしょうねー。

   

at 15:26, KAGIWO, 映画

comments(0), trackbacks(0), - -

スポンジ・ボブ/スクエアパンツ ザ・ムービー

GWの中日、天気が悪くて出かける気にもなれず、家の中でゴロゴロしていると、さすがに娘が、ぐずついてくるので、こういうときはitunesで子供向けの映画をダウンロード!

早速itunesのカテゴリを娘と見ていると「これ!」と指差したのが「スポンジ・ボブ/スクエアパンツ ザ・ムービー」。

スポンジボブの絵は何となく見たことあるのですが、内容については一切しらないので、どうなのこれ?教育上いいのか?などと思いつつ、レビューを見てみると、大人の方も結構絶賛していたので、まぁ、いいかとダウンロード。

その間にお片づけをさせて、いっしょに見ることにしました。
もちろん、コネクションキットを繋いでテレビで見ます。


いやぁ、久々にバカ笑いさせてもらいました。
ストーリーはありがちなものですが、随所に見られるユーモアセンスが絶品です。

この日はレンタルで400円。
外に出ずに見られるのであれば、非常にお手軽な価格です。

内容もレビューのように大人でも楽しめます。
おすすめです。




at 14:50, KAGIWO, 映画

comments(0), trackbacks(0), - -