Shpongle LIVE IN CONCERT TOKYO

行ってきました、Shpongle LIVE IN CONCERT TOKYO。

2014年の年明け早々に 「トランス界のカリスマ Raja Ram と Simon Posford による伝説のサイケデリックバンド Shpongleが 総勢12名のバンドやパフォーマーを率いたフルメンバーで約10年振りのコンサートを東京にて開催決定。」 の発表があり、これを逃したら2度と観れないかもしれないという事で早々にチケットを確保。

その後、追加公演の発表があり2日間の公演となりましたが、 当日会場に入ってみてまず感じたのが、「初日で正解だった」という事。
なぜなら会場の雰囲気がとても良かった。

当初は1日だけの公演でのアナウンスだったので、初日に来ている人たちは 本当にShpongleが大好きな人たちが集まっているという事なので当然ですね。

早割チケットのおかげでさっさと会場入りできたのでまだほとんど人がいないフロアを 前の方に行ってステージ前で例のお面?仮面?の写真撮ってみたりしながら、 どのポジションでLIVEを堪能しようかウロウロしながらどんどん人が入ってくるのを見てたんだけど、 みんなが本当にこの日を待ちわびていた感じがひしひしと伝わってきて、 始まる前から会場のバイブレーションは相当素晴らしいことになってた。



結局、音を重視してPA卓前の最後列で開演を迎えたんだけど、なんだか非常に懐かしい気持ちでした。
まだ名古屋でゴアトランスのパーティーが無かったころはよく東京や横浜に遊びに行ってたんだけど、 その頃のドキドキ感と言うのか、このシーンがかつて持っていた「祝祭感」というのか、 何かそういうものがそこにあって、「あ〜、これ!この感じ!」っていうのが懐かしく感じたんでしょうね。

音的には「バンドのLIVE」と言う感じの音作りでした。
なのでCDで聴けるようなガツッとくるキックの音とかは4つ打ちの部分くらいでしたが、 逆に4つ打ちが映える形となり、その時はみんな待ってましたとばかりに踊ってましたねー。

最後列は左右にあるドリンクBARに行く人たちが目の前をひっきりなしに通り過ぎていくので 流石にLIVE中盤で人疲れしてきて、空いてそうな場所を探して移動。
上手側後方が空いてて気兼ねなく踊れる感じだったので、しばらくそこで休憩がてら観てたのですが、 LIVEが終盤に差し掛かってきたので最前列目指して前の方に行くことに。

さすがに最前列は無理でしたが、上手の女性ボーカル2人のすぐ前あたりまで行くことができました。
その場所で「Divine Moments Of Truth」を聴くことができたので大満足で後ろまで戻り、 アンコールは最終の新幹線に備えて出入り口付近で、とってもかっこいいダンスをするお兄さんの後ろで迎えました。
最後は本当に出演者も会場もみんなハッピー!な雰囲気でほんと素晴らしかった!

そして何よりも子供ができてから初の子供を実家に預けて夫婦でパーティーに行くという機会ができて、嫁も大満足してくれたのが良かったな。
Shpongle、Solsticeに感謝!

終演後はささっと品川駅に向かい、最終の新幹線で無事名古屋に戻ることができました。
この会場立地も踏まえて素晴らしいパーティーでした。
 















 

at 19:49, KAGIWO, ディスク レビュー

comments(0), trackbacks(0), - -

Eno ・ Hyde / Someday World

アンビエントミュージックの先駆者・巨匠のブライアン・イーノとアンダーワールドのハイドの共作となる本作。

気になってて買おうかなどうしようかなってウダウダしてたんだけど、天気のいい週末に「急に海に行こう!」ってなったので それなら!と、行く前にあわてて買ってみました。

1曲目の「The Satellites」はイントロこそアンビエントっぽいがその後に入ってくるチープなホーンシンセが一瞬「大丈夫かこのアルバム」と不安にさせるが、歌が入ってくるとますます不安が募ります。
2曲目の「Daddy’s Car」はラジオでかかってたのを何となく聞いてたが、3曲目、4曲目とテクノポップな感じが続いてくると 何となくこのアルバムの意図が分かってくるような気がするが、「果たして繰り返し聴くアルバムなのか?」と思えてきます。

6曲目の「Mother Of A Dog」からアンダーワールドっぽいというか落ち着いた雰囲気になってきますが、8曲目の「When I Built This World」でまた不安に。
9曲目と日本版ボーナストラックの10曲目でまったりさせてくれますが、アンビエントミュージックを期待して買うとちょっと違うと感じるでしょう。

しかしドライブしながらカーオーディオに任せるままに繰り返し聴いていたらなんだか気持ち良くなってきました。

海で遊んで家に帰るまでに4周は聴いたと思うのですが、家に着いた時には「いいアルバムだな」と思うにまでなりました。

DJには使いづらいですが、1回聴いて二度と聴かないCDにはならずに済んだようです。(w

夏のドライブに連れて行くと「吉」でしょう。






at 18:47, KAGIWO, ディスク レビュー

comments(0), trackbacks(0), - -

FICTURE / ROADS TO EVERYWHERE

アーティストアルバムで久々にアルバム一枚丸ごと素晴らしいものを見つけたのでご紹介。

 



ドイツのChillout系レーベルのLemongrassmusicからのリリースなんだけど、FICTUREというアーティストについては現状全く情報がない。

ネットで調べたらFacebookページが引っかかった。
どうやらハンガリーのアーティストで今回のROADS TO EVERYWHEREがデビューアルバムの模様。

アルバム全体と通して隙間感が気持ちいいリズム、サウンドスケープが特徴。暗さはほとんど無く、かといって明るすぎない絶妙な世界観。音の隙間を埋めるように入ってくるパッドも総じて気持ち良く、レイドバックというかうたた寝しながら聴くのに最適な感じ。
アルバム通して聴ける、そのままずーっとループしてても聴ける、ありそうでなかなか無いチルアウトアルバム。

とりあえずここんとこずーーーっと聴いてます。
 
 

at 00:49, KAGIWO, ディスク レビュー

comments(0), trackbacks(0), - -

Raja Rams Pipedreams vol.2

日本ではあんまり話題にならなかった(?)けど、個人的には2013年のベスト3アルバムの1つに間違いなくカウントされるサイケデリックアンビエント(ダウンテンポ)の傑作「Raja Rams Pipedreams」が何と間1年も空けずにvol.2がリリースされてました。
vol.1のレビューはこちら
 





vol.1が2013年3月リリース、vol.2が2013年12月リリースですから間9ヶ月ですか。
これは状況から判断するに結構好評だったのではないでしょうか?
 ジャケットもvol.1の色違いだし、売れたんで結構あわてて作ったんですかね?
この辺のいい加減さもT.I.P.らしいということでしょうか。

さて気になる内容ですが、vol.1が「ハメ」要素が強いダウンテンポな曲で構成され、一応アルバム通して聴けるようにMIXされていたのに対し、 vol.2では序盤の3曲こそ前作のムードを引きずっているものの、 4曲目以降はBPM120台から130台の4つ打が続き、ダンスアルバム要素が強くなっています。
 中でも秀逸なのが4曲目のWoofers / Party Animalがメチャかっこいい。
多分これLucusの新ユニットかなんかだと思うけど、Lucusの作曲センスはとても素晴らしいと思ってる。音数少なめなんだけど、ベースの使い方とか曲の展開がホント秀逸。

DJでは何度も来日してるんだけど、結局まだ一回も聴いた事無いんだよね・・・。

6月にはShpongleのフルメンバーでの来日公演もあるし、なんだか今年のGOAには古株のDJが大集合してパーティーがガンガン行われてるようだし、 2014年のここら辺のミュージックシーンは再加熱の予感か?
 



at 00:25, KAGIWO, ディスク レビュー

comments(0), trackbacks(0), - -

Shpongle / Museum of Consciousness



シュポングル5キタ!

前作「INEFFABLE MYSTERIES FROM SHPONGLELAND」から4年。
通算5枚目となるアルバム「Museum of Consciousness」、日本限定200枚という特別限定 3Dレンチキュラー仕様の特殊ジャケットってやつが届き、さっそく視聴。

アルバムの印象としては前作の延長と言う感じ。

ギターなんかの生音要素が増えていて聴きやすい。
むかーしの暑苦しいほどのギトギト感はかなり薄まっていて、個人的には好きな感じ。

前作「Museum of Consciousness」が好きな方は「買い」な一枚。


 

at 11:23, KAGIWO, ディスク レビュー

comments(0), trackbacks(0), - -

LARAAJI PRODUCED BY BRIAN ENO / Day of Radiance

Ambient Music for Lifeなんてタイトルをつけながらもあんまりアンビエントについて語ってないので もうちょっとちゃんと書こうと思う今日この頃。

そういうわけでディスクレビュー。

サントゥール、ハンマーダルシマー奏者のジミー宮下さんのCD発売記念イベントを翌々日に控えた今日、 DJやジミーさんとのセッションを踏まえた仕込みをしている中、今回のイベントのイメージに合う曲として 最初に思い浮かんだのがこれ。

アンビエントミュージックの創始者ブライアンイーノのアンビエントシリーズの第3弾となる「Day of Radiance」。



アルバムを通してハンマーダルシマーの音色がきらびやかで美しいアルバムです。

「Music For Airports」や「The Pearl」のような「隙間の美しさ」とは違ったテイストですが 静かな環境で目を閉じて聴いていると万華鏡のような美しい音色の音世界に引き込まれていきます。

アンビエントミュージックという観点からだと個人的には少し音が連なりすぎている感がありますが、素晴らしいアルバムであることは間違い無く、ブライアンイーノのアンビエントシリーズの中では よく聴いているアルバム。
一時期は昼寝のBGMにしてました。
昼寝のうっとり感とマッチした時のあの極上な感じは最高です。ぜひあの感じを多くの人に味わってほしい。
しかしはまらなかった時は音の連なりがうざったく感じて寝れなくなってしまう時もある諸刃の剣。(w)

そしてジミー宮下さんのハンマーダルシマーはぜひ実際にLIVEに足を運んで聴いていただきたい。
最高に美しい音を聴かせてくれますよ。

at 14:51, KAGIWO, ディスク レビュー

comments(0), trackbacks(0), - -

Raja Ram's Pipedreams

UKサイケデリックシーンの重鎮RAJA RAMがサイケデリックアンビエントのミックスCDをリリース。





これがまた素晴らしい内容になっております。
流石としか言い様がありません。

内容的にはサイケデリック感があるダウンテンポな楽曲がメインですが、 Shpongleとは少し方向性が違う気がします。

世界観で言うと個人的にはShpongleよりこの作品の方が好みです。

ベースの音や使い方、アシッドサウンドの使い方、Mixの展開の仕方など、もう大好き要素満載。

いつかはこういうのが作りたいなぁ・・・。


昨今そこらへんに溢れるサイビエントとは一線を画す、トランスシーンを牽引してきたRaja Ramだからこそのアルバム。

必聴です。

というか、このCD丸ごと1枚お外でいいサウンドシステムで、もちろんでかい音で聴きたいなあ。
 



at 17:56, KAGIWO, ディスク レビュー

comments(0), trackbacks(0), - -

Juno Reactor / The Golden Sun of the Great East

Juno Reactorのニューアルバム、The Golden Sun of the Great Eastがリリース!
 
いやー、これ久々に凄いの来ましたよ。



Juno Reactorと言えば、個人的には「Beyond the Infinite」
 

とか
「Bible of Dreams」
 

なんですよねー。

1998年の根の上のEQUINOXとか、 Shangoツアーとか2002年のオーストラリアのearthcoreとか何度もLIVEを見てるのですが、映画Matrix以降はなんだかJuno Reactorがダンスミュージックから離れて行ってしまって、ニューアルバムが出てもチェックもきちんとしてなかったのですが、 2012年の大阪でのLIVEがこれまで見たJuno ReactorのLIVEの中でも格段にかっこよくて、これはニューアルバム期待できるかもと思っていたら、凄いの出してきましたよ。

特に1曲目の「Final Frontier」は、往年を彷彿させつつ、音の奥行き感というか広がりが凄くて一聴の価値あり。

アルバム全体的にも、僕が思う往年の「Juno Reactor」の世界観で、思わずニヤリとしてしまいます。

2013年の夏にはまた東京、大阪でLIVEがあるようなので要チェックです。

at 14:29, KAGIWO, ディスク レビュー

comments(0), trackbacks(0), - -

BRIAN ENO 「LUX」





全然ディスクレビューをしてないので、たまってるのを少しずつ。

今日はBRIAN ENO 「LUX」。

アンビエントミュージックの創始者といっても過言ではないブライアン・イーノ。
もちろん僕も尊敬しているアーティストの1人です。

ブライアン・イーノと言えば「Music For Airports」ですね。。
 




アンビエントミュージックの元祖、そして今でも色あせることの無いその内容。
未だに良く聴く1枚です。

そんな「Music For Airports」をスタートに始まった「Music For Thinking」シリーズの最新プロジェクトとして位置づけているというかなり要注意なリリースがありました!

その名も「LUX」。

なんでも鍵盤の白鍵の7音階から5つを選んで21通りのサブスケールを設定して、12部構成の曲として制作したそうだ。(トラック数は4トラック)

で、「LUX」ですが、結構な頻度で聴いています。何か作業のBGMとしても、リラックスアイテムとしても秀逸な作品です。

しかし目新しさが無いのも事実です。
これはもうブライアン・イーノに期待しすぎてしまっているのも分かっているのですが、「今」な感じはあまりないですねー。
まぁ、ブライアン・イーノのアンビエントシリーズの続きとかるーく受け流すのが正解なのかもしれません。

そうは言ってもすでにお気に入りの一枚として定期的に聴いているので素晴らしい作品なのは間違いないです。









at 14:21, KAGIWO, ディスク レビュー

comments(0), trackbacks(0), - -

Landscape Music vol.3 + アカリナイト2012

さて12月1日から名古屋は栄のテレビ塔を中心にしたイルミネーションイベント「アカリナイト」が始まりました。

アカリナイト公式HP
http://akarinight.jp/

2012/12/1〜2013/2/17までテレビ塔下にLEDを使用したシャンデリアが現れます。
そしてシャンデリアが点灯している間、BGMとして「Landscape Music vol.3」が流れています。



このブログ、ディスクレビューのカテゴリがあるのに、自分のCDのレビューが無いので手前味噌ですが、レビューと解説を。


まずは僕が所属している「Landscape Music Design」について。

「Landscape Music Design」は単にレコードレーベルというよりは現状ではデザイン集団といった要素が強くなってきました。
元々は2009年に名古屋でFMラジオ番組「Landscape Music」が開始され、それに伴うイベントの企画やCD制作の為に「Landscape Music Design」が生まれました。

翌2010年に第1弾となるコンセプトCD「Landscape Music vol.1」がリリース。

さらに2011年にはセカンドCD「Landscape Music vol.2」をリリースし、
2012年通算3枚目となる「Landscape Music vol.3」のリリースとなりました。
レーベル発足の目標の中に「3年連続CDリリース」というのがありまして、晴れてその目標を達成したことになります。


「Landscape Music vol.1」CD発売後のリリースツアーではアンビエントミュージックで空間をデザインするというコンセプトの元、「Landscape Music Design」名義でLIVEを重ねていました。
2010年当初のLIVEは比較的作られた中でLIVEを行っていたのですが、回数を重ねるにつれ、即興演奏の要素がドンドン増えていきました。
そして忘れもしない2011/4/16に名古屋Bottom LineでのLIVEで僕たちは大きなターニングポイントを迎えました。
即興演奏でまさしく空間をデザインしていたのです。
研ぎ澄まされた緊張感の中、僕たちは演奏者ではなく、「音」そのものになっていました。

その時のLIVEの模様はアーカイブされているで、ぜひ観てみてください。
http://landscape-music.jp/gallery.html

このLIVEで「何か」を発見し、それはその後のLIVEはもちろん、楽曲制作にも大きな影響がありました。

その後、制作された2枚目のCD「Landscape Music vol.2」では十数回にわたるセッションレコーディングを行い、その音はメンバーごとにマルチトラックレコーディングされ、それを素材に曲が作られていきました。
そして「Landscape Music vol.2」の収録曲の約半分が即興演奏をEDITしたものになりました。


3枚目「Landscape Music vol.3」でも収録曲の半分以上が即興演奏をEDITしたものになっています。

さらにCDでは曲同士が途切れることなくDJミックスされています。
1曲を「パーツ」として捉え、14トラックで構成された約50分の長さの1曲に再構築したと言えます。

今回特にこだわったのは「映像感」です。

CDなので当然音楽だけなのですが、目を閉じて聴いていると「何となく映像が思い浮かぶ感じ」を重要視しました。
架空のサントラとでも言うのかな。


「Landscape Music vol.3」のCDのライナーの締めの文章として

「そしてもし可能であれば、ぜひとも景色の良い自然の中でこの音を聴いてみてください。
弾いてるようで弾いていない、初めてだけど懐かしい「Landscape Music vol.3」があなたの生活をより心地良くデザインできることを願って。」

と、書きました。


野外音楽フェスに行ったことがある人は分かっていると思いますが、「お外で食べるごはんはおいしい」のと同様に「お外で聴く音楽は気持ちいい」んです。

今回のアカリナイトでは幻想的なイルミネーションと共に「Landscape Music vol.3」を聴いていただけるチャンスです。

暖かい格好をして、サカエチカのタリーズで温かいカフェラテなんか買ってきちゃったりして、しばらく音とイルミネーション、夜の街の音のコラボレーションを楽しんでもらえるとうれしいです。


iTunesでも発売中!


 

at 16:18, KAGIWO, ディスク レビュー

comments(0), trackbacks(0), - -